足利小山信用金庫の現況2018
10/50

平成29年度 事業のご報告8行う栃木県事業承継支援センターへ紹介を行うなどにより、平成29年度の支援先数は9先となりました。  当金庫の経営計画に掲げられている「つなぐ力・総合力の強化」の具体的施策のひとつに「地域の子どもや若年層に対する正しい金融知識等の普及」に向けた取り組みがあります。その一環として、地元の白鷗大生のインターンシップを実施し、足利市の梁田小学校の小学6年生に対して金銭教育授業を行う等、地 また、お客さまの事業承継を支援し、親族内、従業員および第三者(M&A)等の事業承継に関する助言等を域の将来を担う若年層への金融教育の支援を行っています。  梁田小学校においては平成20年度から、お金に対する興 足利小山信用金庫はお客さまのさまざまなニーズにお応えするための各種商品を取り揃えるとともに、サービスや商品性の向上に積極的に取り組んでいます。 ● キャッシュカードによるATMでの振込機能の一部利用制限開始 (特殊詐欺被害の未然防止に向けた取り組み)(平成29年4月21日) ● 「信用金庫の日」に1日感謝デーを開催(平成29年6月15日) ● 夏の投資信託キャンペーンを実施(平成29年7月3日~平成29年8月31日) ● TKCモニタリング情報サービス取扱開始(平成29年9月25日) ● 遺言・相続相談会を開催(平成29年11月15日)● 冬の投資信託キャンペーンを実施(平成29年11月20日~平成30年1月31日) ● マイカーローンキャンペーンを実施(平成29年12月1日~平成30年4月27日)● 新生活応援キャンペーン2018を実施(平成30年2月1日~平成30年5月31日)● 経済セミナー開催2回 (平成30年2月7日 足利・ 小山) お客さま満足度向上への取り組み金融経済教育コミュニティーへの参画経営改善支援の実績 (平成29年4月〜平成30年3月)  経営改善支援取り組み率α/Aランクアップ率β/α再生計画策定率δ/α期初うち経営改善支援取り組み先数 α債務者数Aαのうち期末に債務者区分がランクアップした先数 βαのうち期末に債務者区分が変化しなかった先数 γαのうち再生計画を策定している全ての先数 δ正常先①2,8370000.0% ー要注意先うちその他要注意先②58342140217.2%2.4% 50.0%うち要管理先③300000.0%ーー破綻懸念先④12117115714.0%5.9% 41.2%実質破綻先⑤9300000.0%ーー破綻先⑥1800000.0%ーー小計(②〜⑥)の合計81859255287.2%3.4% 47.5%合計3,65559255281.6%3.4% 47.5%事業再生支援先における実抜計画策定先数および同計画策定先のうち未達成先の割合 (単位:社、%)平成28年度平成29年度実抜計画策定先数① 未達成先数②②/①実抜計画策定先数① 未達成先数②②/①331957.5342058.8

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る