足利小山信用金庫の現況2018
44/50

信用リスク削減手法に関する事項信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャー(単位:百万円)信用リスク削減手法ポートフォリオ適格金融資産担保保証クレジット・デリバティブ平成28年度平成29年度平成28年度平成29年度平成28年度平成29年度信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャー2,0671,86015,30215,157––現金––––––我が国の中央政府及び中央銀行向け––125119––外国の中央政府及び中央銀行向け––––––国際決済銀行等向け––––––我が国の地方公共団体向け––––––外国の中央政府等以外の公共部門向け––––––国際開発銀行向け––––––地方公共団体金融機構向け––––––我が国の政府関係機関向け––––––地方三公社向け––1,0932,020––金融機関及び第一種金融商品取引業者向け––––––法人等向け3083163,4752,446––中小企業等向け及び個人向け1,6471,4428,4429,691––抵当権付住宅ローン54422,039629––不動産取得等事業向け2420––––3ヵ月以上延滞等00724––取立未済手形––––––信用保証協会等による保証付–8––––株式会社地域経済活性化支援機構等による保証付––––––出資等––––––上記以外3129117226––(注)当金庫は、適格金融資産担保について簡便手法を用いております。5.派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関するリスク管理の方針及び手続きの概要(単位:百万円)平成28年度平成29年度与信相当額の算出に用いる方式カレントエクスポージャー方式カレントエクスポージャー方式グロス再構築コストの額の合計額––グロス再構築の額の合計額及びグロスのアドオン合計額から担保による信用リスク削減手法の効果を勘案する前の与信相当額を差し引いた額––(単位:百万円)担保による信用リスク削減手法の効果を勘案する前の与信相当額担保による信用リスク削減手法の効果を勘案した後の与信相当額平成28年度平成29年度平成28年度平成29年度①派生商品取引合計175124175124(ⅰ)外国為替関連取引175123175123(ⅱ)金利関連取引––––(ⅲ)金関連取引––––(ⅳ)株式関連取引–0–0(ⅴ)貴金属(金を除く)関連取引––––(ⅵ)その他コモディティ関連取引––––(ⅶ)クレジット・デリバティブ––––②長期決済期間取引–––– 合計175124175124(注)1.グロス再構築コストの額は、0を下回らないものに限っています。2.担保の種類別の額、与信相当額算出の対象となるクレジット・デリバティブの種類別想定元本額、信用リスク削減手法の効果を勘案するために用いているクレジット・デリバティブの想定元本額は、該当ありません。 派生商品取引には、市場の変動により損失を受ける可能性のある市場リスクや、取引相手方が支払不能になることにより損失を受ける可能性のある信用リスクが内包されております。 当金庫では、直接的に派生商品取引を取り扱いしておりませんが、投資信託の一部について、派生商品取引を含んでいる商品を保有しております。投資信託については、「資金・証券運用規程」で定めている保有限度額の範囲内で、適正な運用・管理を行っております。 なお、長期決済期間取引は、該当ありません。資料編42

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る