足利小山信用金庫

  • 小
  • 中
  • 大

リスク管理

リスク管理態勢

金融の自由化が進展し、情報技術(IT)や金融技術の発達にともない、金融機関の業務は多様化・複雑化してきており、経営に予期できない影響を与えるさまざまな不確実性、すなわちリスクが存在しています。経営の健全性を保ちながら収益性を向上させていくためには、さまざまなリスクを的確に把握し、適時・適切にマネジメントすることが不可欠です。

足利小山信用金庫では、リスク管理態勢の強化を経営の重要課題と位置づけ、経営陣が積極的に関与し、リスク管理委員会のもとで主管部署が中心となり業務運営に関わるリスク管理に取り組んでいます。

金庫業務の健全性・適切性を確保するための態勢の整備に係る基本方針として「内部管理基本方針」を定めています。

また、「内部管理基本方針」のもと、業務の全てにわたる法令等遵守、顧客保護等の徹底および各種リスクの正確な把握、適切な管理・運営を行うための基本方針として「リスク管理基本方針」を定めています。

各業務執行に伴い発生する信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナル・リスク(事務リスク、システムリスク、風評リスク等)は統合的に管理する必要があります。このため、「統合的リスク管理規程」を定め、これらのさまざまなリスクを正しく把握し、個別の方法で質的または量的に評価したうえで経営体力(自己資本)と対照することによって金庫全体のリスクの程度を判断し的確な対応を行うなど、統合的なリスク管理機能の実効性を確保しています。

統合的リスク管理体制

WEBバンキング
個人のお客さまログイン
法人のお客さまログイン
各種ローンのインターネット仮審査
  • 店舗・ATMのご案内
  • 相続手続きのご案内
  • 金利・手数料
  • 便利なサービス
  • バンキングサービス
  • 電子記録債権サービス
  • よくあるご質問
  • FACEBOOK
  • Instagram
足利小山信用金庫 [登録金融機関]関東財務局長(登金)第217号 [金融機関コード 1221]

Copyright©Ashikaga Oyama Shinkin-Bank All Rights Reserved.